PC超初心者の私がPNGとJPEGの違いを解説してみた。

こんにちは、上原ミウです。

現在私はグラフィック・Web系の職業訓練へ通っています。
色彩やパソコンの基礎的なことを学んでいるんですが、全くの初心者の私にとっては何もかもが新鮮です。
正直名前は聞いたことはあるけど、意味を全く理解していないことなどもたくさんあります(苦笑)

今回はPNGとJPEGの違いについてお伝えします。

PNGとJPEGとは?

簡単に言うと、保存形式のことです。
私自身、名前は聞いたことはあるけど実際何がどう違うの?という状況でした。
先日職業訓練でそれぞれの違いを学んで、衝撃を受けました…

先生が例として教えてくださった内容はこれです。

要は、保存したとき復元できるかできないかの違いです。

PNG

PNGは上の図のように形を変えて保存をしているだけで、中身は同じです。
(数学で例えてくださったんですが、私が数字ダメ人間なので図の解説をちゃんとできませんすいません…)

JPEG

JPEGは画像サイズを大幅に圧縮できる反面、画質を悪くして保存します。
アナログイラストで例えると、完成したイラストにあえて無駄な落書きをする感じでしょうか?
なので、頑張って描いたイラストをJPEG形式で保存をするというのは自ら努力を無駄にするようなものです(言い過ぎ?w)
ただ、先程も述べたようにかなり画像サイズを圧縮できるので重要度の低い画像はJPEGでの保存で良いのかな?と思います。

因みに図にあるGIF、ZIP、LZHの違いは私もまだわかってません←

そして…
この違いを学び、今までクリスタで描いたイラスト全てをJPEG形式で保存していた自分に絶望していました。

内心こういう心境でした…
もっと勉強します…
ちなみにこの記事の絵は全てPNG形式で保存しました。もう二度と同じ失敗は繰り返さない…!!

今後もたくさん学ぶので、私と同じようにデジタルに詳しくない方々にわかりやすい記事を書いていきますね☆☆